■バイク初心者の奮闘記 初めてのバイクメンテナンスからサーキット走行まで。バイク人生まっしぐら☆

メンテナンス奮闘記

☆★☆05.初体験〜ユーザー車検に挑戦!☆★☆


行って来ました! 「ユーザー車検
何冊も本を買って、人に聞いて、ネットで探して勉強・・・準備は完璧!
・・・な、はずだったんだけど・・・ 寸前で発覚しました!

私が行こうとしてる車検場は、ブレーキテストがテスターの上じゃなくて、
実走でリアをロックさせる方式だったことが!!!

マジですかッッ!?

ロックなんて出来ないよぅ (TдT) (+「ふざけんなっっ!!」心の声 笑)
マフラーの音量は通るか微妙らしいし、立ちゴケの可能性はだし・・・
あ゛〜う゛〜・・・・・・

光軸調整!?

どの本(やネット)にも書いてあったけど
バイクのユーザー車検で一番引っかかるのは「光軸のズレ」らしい。

めいっぱいコケまくってるイナズマさんの光軸がズレてないわけがナイ。←変な自信(^-^;
ということで。車検場に入る前に近くのテスター屋さんで調整してもらいました。(\1,000ナリ)

テスター屋さんに入って、まず指定の位置にバイクを合わせるのに一苦労(^-^;

六角ボルト 整備士さん>「ハイ。このラインに前輪を合わせてください。」
ひよこ>バイクを押していく。。。
整備士さん>「もうちょっと右です〜」
ひよこ>一回バックして入れなおす
整備士さん>「・・・もうちょっとですね〜」
ひよこ>もう一回バックして入れなおす

整備士さん>「じゃあ、またがってエンジンをかけてくださ〜い」

整備士さん>「・・・・・・あっ、もうちょっと前ですねぇ」

( ̄Д ̄;)ナニ!?
「またがってエンジンを・・・」の時点で、
バイクにまたがってたひよこは、バイクを支えるので精一杯

結局整備士さんに両手でフロントフォークを引っ張られて
ズリズリ引きずられながら、何とか指定の位置につけました ←情けない(;´Д`A ```

あとは、左右に動く光軸の機械(?)を見ながらあっという間に調整完了!
・・・ナニが大変だったって?
そりゃ両足のつま先で車体をまっすぐ保つコトです(笑)

ついに・・・。

・・・車がいっぱ〜い♪ 人もいっぱ〜い♪♪
・・・しかも、車屋さんみたいな人ばっかり・・・

少々、気後れ気味だけど (玉砕覚悟で) 行ってやろうぢゃないかコノヤロー(笑)

まずは窓口で→「ユーザー車検を受けに来たんですけどッ。は、初めてですッッ!
ヾ(・∀・;)オイオイ 変なテンションになってるって・・・

「あっちの窓口で書類買ってください」って言われて、書類購入(\42ナリ)

見本を見ながら書類に書き込んで、受付に渡します。(ここで予約番号も告げます)
*予約は10日〜前日までに。24時間予約電話があるから便利です。

あっさりOKで、番号札と書類を渡され「検査ラインへ行ってください。」
(゚∇゚ ;)エッ!? ・・・検査ラインってどこですか?????

そして、検査ラインを探して場内を歩き回りました(^-^;
(ツナギ姿の男の人の中でひとり迷子気味・・・↑かなり場違いな雰囲気が・・・)
9時半に到着したんだけど二輪の車検を受けてる人はイナイし・・・。

やっと、検査ラインが3本あるうちの一番端に「二輪待機場所」の看板を見つけました!


車検場見取り図

ドキドキ・・・

音量が車検に通るか微妙なマフラーを気にしつつ
「二輪待機場所」の看板の前にバイクを止めて、即行エンジンOFF(笑)

すると向こうのほうから検査官の人が走ってきてます。・・・優しそうな人でした♪

検査官さん>「じゃ、書類をくださいね〜」
ひよこ>書類を渡す「あの〜、ヘルメットそこの端のトコに置いといていいですか??」
検査官さん>「いいですよ。 たまに忘れていく人がいるから忘れないでね」
ひよこ>「は〜い(^^ゞ」 ヾ(・∀・;)オイオイ どーやって帰ってるのその人達は?

1.本で読んでたとおりに、柄の長いカナヅチ(ハンマー?)で車体を叩いてます。
2.次はウィンカーをつけたり、ライトをHiにしたりホーンを鳴らしたりです。

ここでひっかかりました!

検査官さん>「左のウィンカーが曲がってますね〜」
( ̄Д ̄;)ナニ!?(・・・見ると確かに曲がってる) バシッ。叩いてみる・・・あっ、直った。
検査官さん>「・・・OKです(;・∀・) あと、反射板は中央に付いてないとダメなんですよ」

ひよこは、反射板なんて付いてればいいんだろうと思って
ステーに両面テープで貼って、ナンバーのネジに止めてたの。


リフレクターやり直し

ドキドキ・・・・・・

検査官さん>「じゃあ、外観検査は反射板だけ直してきてね」 と、いうことで次!

検査官さん>「次はライトねー。前に進んでくださ〜い・・・ここまでで〜す。」
↑検査官さん、15mくらいはありそうな検査ラインの出口まで走っていってます(^-^;

途中に車用?のブレーキテスターみたいローラーが3個あって凸凹してます。

( ;´Д`)いやぁぁぁぁぁー! (←段差・凸凹、大っ嫌いです。だって、、、コケるから)
出口の光軸テスターに到着するころには・・・少々、涙目(笑)

車検場に入る前にテスター屋さんで見た機械が登場です!

っていっても、やっぱりひよこはプルプルしながら車体を支えるのに精一杯で
受かるかな〜とか心配してるどころじゃなかったです、ハイ(;・∀・)
↑それに気付いたのか検査官さん、行ったり来たり走る、走る (笑)

光軸、あっさりOKでした。(検査官さんが走り回ってくれたおかげかしら??)

検査官さん>「はい、じゃあちょっと走ってブレーキかけてね〜〜」
ひよこ>「ふはははは〜〜(^△^;)」ヾ(・∀・;)オイオイ 緊張のあまり変なテンションになってるって。
検査官さん>「・・・。コケないでよ。」

ひよこ>「が、がんばりまっす!」

・・・・・・トロトロトロ〜〜(ブレーキ)>>>止まる=ロック無し

検査官さん>「ダメ、もう一回」

・・・・・・トロトロトロ〜〜(ブレーキ)>>>止まる=やっぱりロック無し

『ロックはしなかったケド、ちゃんと止まれたでしょ? d(゚ー゚*)ネッ! (b´∀`)ネッ!?』
↑って目で訴えてみる(笑)

検査官さん>「まぁ・・・いいか・・・

ありがとうっっ!!!
感謝感謝です〜〜〜_(._.)_ ・・・コケずに済んだのが一番安心したコトかも?

不合格箇所。

不合格は反射板の位置のみでした。

早速駐車場の隅っこで「反射板」&「ステー」と格闘(笑)
リフレクターやり直し なにせ走ってる最中に落ちちゃいイケナイと思って
強力両面テープで貼り付けてたんです。

・・・コレがなかなか剥がれないッ。さすが強力って感じです(;´Д`A ```

気合と根性(笑)でベリッとはがして、こんな感じに直しました→
ステーが斜めになってても、反射板が車体のセンターに真っ直ぐあればイイらしいです。

あとは外観検査に再度チャレンジ!
検査官さん>「そうそう、僕はそれが言いたかったのよ〜」で合格v(≧∇≦)v

最後は言われるままに、検査手数料(\1,400)と重量税(\5,000)を窓口で払って
新しい車検証をもらいます♪

必要書類&必要経費

  • 印鑑
  • 自動車検査証(車検証)
  • 納税証明書(役場で発行してもらえます)
  • 自賠責保険証明書(次の車検日が有効期間に入ってるモノ)
  • 点検整備記録簿(車検整備をお願いしたショップに書いてもらいました)
  • 自動車検査票(当日購入)
  • 自動車重量税納付書(当日購入)
  • 申請書(当日購入 \42)
  • 重量税5,000円
  • 検査料1,400円
  • 一番の感想>>>コケずに済んだ(^-^;

    そして・・・合格してスゴ〜ク嬉しかったです☆

    車検自体は簡単でリアロックができる人なら余裕かも?
    心配してたマフラーも一応平気だったし、検査官さんも親切でした。

    とりあえず、いい経験になりました!

    次回の車検の頃には「自分で整備できる」ようになってたらいいなぁ。
    ↑と、夢で終わらないように(^-^;